わたしがキャッシングを利用した理由

わたしが20代前半だったころの話です。大学を卒業後、働いていた、中小企業のアパレル企業が倒産してしまいました。

移り変わりの激しい業界ですので、よく聞く話ではありましたが、自分の会社が潰れてしまうとは思いませんでした。

後から、経理の人間から聞いた所によると、以前から、自転車操業が続いており、目に見えて、業績は悪化していったとのことです。

小さな会社でしたので、退職金などもなく、そのまま次の仕事を探すことになったのですが、会社都合の退職だと失業保険がすぐに貰えるということで、支給額は少ないですが、残業続きの仕事から開放されて、しばらくはゆっくりと失業保険を受給しながら仕事を探していました。

サブプライムローン後でしたので、他の会社も経営悪化の一途をたどっており、先の不透明感が続く中、なかなか仕事が見つかりません。

失業保険の受給が終了しても、仕事につかず、貯金もなかったため、生活レベルをさげたくなかったわたしは学生の時から利用していた、楽天カードのキャッシュにて毎月20万ほど合計、60万ほど借りてしまいました。

リボ払いで返済していったため、毎月利子だけ払う形になっており、未だに月々返済しています。