ギャンブルでお金がなくなり借金したときの話

私は20代半ばの頃に、パチンコを覚え、ひどいときには毎日のように、休みの日は朝から晩までパチンコ屋に入り浸っていました。

もちろん決して勝っていたわけではなく、当然のように貯金はどんどんとなくなってしまいました。

最初の方は必要となるお金には一切手をつけなかったのですが、最後の方はもう生活費とギャンブル費の境がなく、本当に財布が空ということがありましたね。

そんなときには、楽天カードのキャッシングサービスをよく利用していたのですが、気付けば結構な額になってしまっており、さすがにまずいとパチンコから足を洗いました。

正直なところキャッシングにはかなりの抵抗を感じていたのですが、完全に麻痺をして自分のお金のように使っていましたね。今となっては、冷静になって返済していますが、キャッシングには本当に救われたと思っています。

あのときに、気付かせてもらわなければ今頃どうなっていたかと思うと本当にゾッとしますね。皆さんも金銭感覚にはご注意を。